指導者活動報告:OUTDOOR FESTIVAL in OYAMA

9月12日(土)・13日(日)の2日間、おやまゆうえんハーヴェストウォークにて、14名の指導者とその家族(計24名)で指導者活動を行ってきました♪

『指導者活動』といっても堅苦しいものではなく、テントを張り、キャンピングカーを並べ、ご来場のお客様と一緒に楽しみながら、キャンプの魅力をお伝えしていく活動です。

例えば、ロープワークを教えたりしつつ、タープやテントの張り方についてのご相談をお受けします。

テント付属のペグとの違いを体験していただきつつ、打ちやすさ、抜き方のコツなどを体験していただく時間も作ってみました。キャンプに行ったことのない方には馴染みがないで“ペグ”という言葉。しっかりと覚えていただけたと思います。

火器に詳しい者は、メンテナンスなどの相談も受け付け。ご自分の使っているランタンの燃料をご存知でない方や、並行輸入品との違いを知らないまま使っている方もいらっしゃったそうで、事故が起こる前にお話しできてよかったです。(LEDランタンに関する問い合わせも多かったそうです。)

キャンプ場マップを眺めながら、秋の旅の計画をお話ししたり、キャンピングカーを眺めながら未来の思いをお話ししたり、我々指導者も楽しいひと時を過ごさせていただきました。

このイベントは、来年も5月に開催する予定です。
企画内容等、ご興味のある方は、こちらからお気軽にお問い合わせください。

次の記事

JAC関東の集い2020開催!